げんこつやま

漫画やアニメ、ゲームなど、主に趣味についてマスコットのホオズキくんビワくんがまったりゆったり(たまに毒づき)語ります。

別館/プロフ/マスコット/Pポリシー/コメント

ありがとう、イチロー

f:id:kefugahi:20190208213149p:plainf:id:kefugahi:20190208213148p:plain

どーもです。ホオズキとビワでお届け致します。

イチロー引退・・・イチ時代を築いた偉大なるプレイヤー

イチロー、引退 

news.yahoo.co.jpf:id:kefugahi:20190208213149p:plain

あ~なんかも~あ~・・・。

なんか今日もうブログ書く意欲が完全に雲散霧消・・・。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

じゃ書くな!・・・といつもならツッコミたいところだが、今日ばかりは何も言えん・・・。

ツッコミ役のボクも所詮管理人の一部ゆえ、意気消沈と言うものである。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

ぶっちゃけ別のお気楽な話題で記事を書きかけやったんやけどなぁ・・・。

とても続きを書く気分じゃなくなってもうた・・・。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

そうやね。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

奇しくも今週のはてなのお題は「お別れと始まりの言葉」らしいのやが・・・イチローで始まる我が野球観戦者としての人生と言う感じや。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

まだ野球にお別れを告げるワケではないが、ひとつの時代が終わろうとはしているんやなってのを強く感じるね。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

さようなら、とかは言いたくないな。ありがとう・・・かな?

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

本当にありがとうイチロー

あなたはずっとずっとボクのスター!!!

 

イチローへの思い

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

イチローに対する個人的な思いは何日か前の別の記事で書いたので、似たような事書くのも気分的にしんどいし申し訳ないがそこから流用する。今日くらい手抜きを許してくれ・・・。 

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

□で囲った記事が過去記事の流用部分です。

tudumiyasiki.hatenablog.com

headlines.yahoo.co.jpf:id:kefugahi:20190208213149p:plain

・・・おお、もう(絶句)(本日2回目)。

イチローさんが・・・ついにゼロローさんに・・・。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

目がもうダメやとかスイングスピードがダメやとか色々な意見があるみたいだが・・・。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

ワイはやっぱ実戦勘やと思う。去年は15試合出場のみで後は実戦から離れとったみたいやしな。

やはり試合から離れるパフォーマンスが下がるのは例えイチローと言えど逃れられないかと言う感じ。

ワイもペーパードライバーとして良く分かる。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

一緒にすんな!!!

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

でもそう言う事でしょ?と言うか・・・。

現役選手が聖域だの老害だの言われても出場にこだわるのもその辺がよく分かっているからなんかもしれんね・・・。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

いずれにせよ寂しい限りだな。普通ならもうとっくに試合に出してもらえないレベルだろ?

OP戦若手のアピールの場として重要でこんなロートルのベテランの調整にいつまでも枠を割かれてはチーム同僚の選手達もたまったものではあるまい。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

まあ今年は東京ドームMLB開幕2連戦があるそうやからな・・・。

客寄せパンダと言うワケや・・・。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

豪勢な引退試合みたいなもんか。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

よく「晩節を汚す」などと言ってベテランがおめおめ現役にしがみつくのはみっともない・・・。

こんなミジメなスターは見たくなかった・・・。

老兵は死なずただ去りゆくのみ。

スターはスターのままでケジメをつけるのが美しい格好いいと言う価値観があるよな?

 

でもワイはこれはあんまり好きになれない考え方なんよな。

まあ意見の相違であって、そう言う考え方の人を否定したいワケではないよ?

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

やってる方は必死だろうからね。続ける以上は応援してあげたいと言うのがここの管理人の基本姿勢だな。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

何より引退したら普通はそこまで。もう二度と選手としての彼を見る事がないと思ったら寂しいやないか!

 

イチローはワイのスターオリックスにまだ彼が居た頃、ワイは兵庫県神戸市に住んどって、ご存知の通り当時は「阪神大震災」の発生した時期でもあった。

当時のイチローも居たオリックス・ブルーウェーブ(現バッファローズ)は震災復興のシンボルとして・・・戦後焼け野原から復興する際にカープが広島人の象徴となったように、当時の兵庫県民にとっては応援を超えた信仰のような思いを抱いた方も少なくないはずや。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

って何かカッコつけた事ホザいとるけど、今こいつオリの選手の名前半分も覚えちゃいません!

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

と、とにかく頑張れイチロー自らバットを置きたくなったその日まで・・・いくつになっても応援しとるで!

走れ疾風のように全速力で!砂塵巻き上げて走れイチロー

www.youtube.comf:id:kefugahi:20190208213148p:plain

・・・などと、さももがくベテランを応援する自分に酔っているようですが、テレビでカズが映るたんびに「いつまでもスポーツニュースの尺取んなボケ!老害!目障りなんや早よ辞めろ!」などとホザいているのを私は知っている。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

・・・わ、ワイってサッカーはあんま詳しくないし興味もないから!

 

 ・イチローの偉大な記録

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

改めてイチロー偉大な足跡を振り返ろうと思う。

Wikipediaの引用でうちのブログのレイアウトを見苦しくはみ出すのですがご容赦ください。

年度別打撃成績

















































O
P
S
1992 オリックス 40 99 95 9 24 5 0 0 29 5 3 2 1 0 3 0 0 11 0 .253 .276 .305 .581
1993 43 67 64 4 12 2 0 1 17 3 0 2 1 0 2 0 0 7 2 .188 .212 .266 .478
1994 130 616 546 111 210 41 5 13 300 54 29 7 7 2 51 8 10 53 3 .385 .445 .549 .994
1995 130 613 524 104 179 23 4 25 285 80 49 9 0 3 68 17 18 52 7 .342 .432 .544 .976
1996 130 611 542 104 193 24 4 16 273 84 35 3 0 4 56 13 9 57 8 .356 .422 .504 .926
1997 135 607 536 94 185 31 4 17 275 91 39 4 0 5 62 14 4 36 10 .345 .414 .519 .933
1998 135 558 506 79 181 36 3 13 262 71 11 4 0 2 43 15 7 35 21 .358 .414 .518 .932
1999 103 468 411 80 141 27 2 21 235 68 12 1 0 5 45 15 7 46 5 .343 .412 .572 .984
2000 105 459 395 73 153 22 1 12 213 73 21 1 0 6 54 16 4 36 3 .387 .460 .539 .999
2001 SEA 157 738 692 127 242 34 8 8 316 69 56 14 4 4 30 10 8 53 3 .350 .381 .457 .838
2002 157 728 647 111 208 27 8 8 275 51 31 15 3 5 68 27 5 62 8 .321 .388 .425 .813
2003 159 725 679 111 212 29 8 13 296 62 34 8 3 1 36 7 6 69 3 .312 .352 .436 .788
2004 161 762 704 101 262 24 5 8 320 60 36 11 2 3 49 19 4 63 6 .372 .414 .455 .869
2005 162 739 679 111 206 21 12 15 296 68 33 8 2 6 48 23 4 66 5 .303 .350 .436 .786
2006 161 752 695 110 224 20 9 9 289 49 45 2 1 2 49 16 5 71 2 .322 .370 .416 .786
2007 161 736 678 111 238 22 7 6 292 68 37 8 4 2 49 13 3 77 7 .351 .396 .431 .827
2008 162 749 686 103 213 20 7 6 265 42 43 4 3 4 51 12 5 65 8 .310 .361 .386 .747
2009 146 678 639 88 225 31 4 11 297 46 26 9 2 1 32 15 4 71 1 .352 .386 .465 .851
2010 162 732 680 74 214 30 3 6 268 43 42 9 3 1 45 13 3 86 3 .315 .359 .394 .754
2011 161 721 677 80 184 22 3 5 227 47 40 7 1 4 39 13 0 69 11 .272 .310 .335 .645
2012 95 423 402 49 105 15 5 4 142 28 15 2 0 4 17 4 0 40 10 .261 .288 .353 .642
NYY 67 240 227 28 73 13 1 5 103 27 14 5 5 1 5 1 2 21 2 .322 .340 .454 .794
'12計 162 663 629 77 178 28 6 9 245 55 29 7 5 5 22 5 2 61 12 .283 .307 .390 .696
2013 150 555 520 57 136 15 3 7 178 35 20 4 6 2 26 4 1 63 6 .262 .297 .342 .639
2014 143 385 359 42 102 13 2 1 122 22 15 3 2 2 21 1 1 68 3 .284 .324 .340 .664
2015 MIA 153 438 398 45 91 5 6 1 111 21 11 5 5 4 31 1 0 51 5 .229 .282 .279 .561
2016 143 365 327 48 95 15 5 1 123 22 10 2 3 2 30 1 3 42 4 .291 .354 .376 .730
2017 136 215 196 19 50 6 0 3 65 20 1 1 1 0 17 1 1 35 2 .255 .318 .332 .649
2018 SEA 15 47 44 5 9 0 0 0 9 0 0 0 0 0 3 0 0 7 0 .205 .255 .205 .460
NPB:9年 951 4098 3619 658 1278 211 23 118 1889 529 199 33 9 27 384 98 59 333 59 .353 .421 .522 .943
MLB:18年 2651 10728 9929 1420 3089 362 96 117 3994 780 509 117 50 48 646 181 55 1079 92 .311 .355 .402 .757
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字MLBにおける歴代最高

出典:Wikipedia

ja.wikipedia.orgWikipedia から転載した内容の著作権Wikipedia のライセンスに従います

 f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

いやはや改めて見るとすさまじいな。

記録よりも記憶に残る選手などと安っぽい言い回しがスポーツの世界にはあるけど、真に一流の選手は記憶に残り記録も残すものや。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

それを体現し続けてきたのがイチロー

圧巻なのはやはりまず打率だろうか。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

3割打ったらプロ野球の世界じゃ一流レベルや。

それを大きく上回る数字を何年も連続で残し続ける・・・これは本当に凄い事。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

特に打者は打撃で何年も連続で数字を残し続けるのは難しい。

なぜなら相手あっての野球だから。相手もただ黙って打たれ続けるわけじゃない。

相手の苦手なコース、球種などを分析し、よく打球が飛ぶ方向を見定めては守備位置まで調整していく。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

マークのキツイ中でのこの成績やからね。

それと怪我の問題がある。

素質だけなら超一流なのだが怪我に泣かされた大打者と言うのならいくらでも居た。

これだけの成績を残しながらあまり大きな怪我らしい怪我をしなかった彼は、無事これ名馬と言う言葉の体現者でもあるな。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

また彼は打撃だけではなく守備も凄かった。

も速かった。も強かった・・・。

野球選手に必要なものを全て兼ね備えた選手でした。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

ま、これ以上グダグダ言うのも蛇足と言うものやな。

最後にオリックス時代の彼の応援歌を記して、この記事の幕引きとする。

 

走れ疾風のように全速力で!

砂塵巻き上げて走れイチロー

 

・・・今回はここら辺で。

お読みいただきありがとうございました。

※野球関係の記事

tudumiyasiki.hatenablog.com

tudumiyasiki.hatenablog.com※一つ前の記事

tudumiyasiki.hatenablog.com