げんこつやま/オタクブログ+その他ホビーと雑記

漫画やアニメ、ゲームなど、主に趣味についてマスコットのホオズキくんビワくんがまったりゆったり(たまに毒づき)語ります。

「やる夫スレ」を語る~入門編~

f:id:kefugahi:20190208213149p:plainf:id:kefugahi:20190208213148p:plain

どーもです。ホオズキとビワでお届け致します。

※第二回も出来ました!

tudumiyasiki.hatenablog.com

インターネット上の1つの「一大文化」・・・それが「やる夫スレ」

・やる夫スレとは?

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

これはいつかやろういつかやろうと思いつつ中々やれんかったテーマや!
ホンマは昨日やるつもりやったんがイチローに邪魔されるし。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

キミが勝手にイチロー引退中心の記事に変えただけやろ!!!

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

さて、今回取り扱おうと思うテーマは「やる夫スレ」である!!!
今までもそれとなくブログの中で話題に挙げた事はあったんやが、中心に扱うのは今回が初である。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

まずやる夫スレとは!?からでしょうよ。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

おうよ!ブログ的に考えて・・・やな。
やる夫スレとは「AA」と文章を組み合わせて某大型掲示板などでお話を展開する二次創作作品や。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

AAも説明した方が良いんじゃねえ???

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

さようか・・・。AAっちゅうのは、掲示板で文字をうまい事使ってまるでであるかのように表現する手法の事や。
ちなみに、時々ウチでもAAは使用しとる。

f:id:kefugahi:20190303201546j:plain

f:id:kefugahi:20190216224148j:plain

f:id:kefugahi:20190309170611j:plain

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

もっとも本来のAAは読む環境によって崩れたりしてしまうためAA画像と言う方式やけどな。
ウチは漫画とか版権もののスクショなどを一部漫画の表紙などを除きなるべく取り扱わない方針を取っている。
でもそれだと絵的にちょっと寂しいよね?・・・って時には重宝するのや!

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

そして、AAをただ絵と言うだけではなく、ストーリーをそこに乗せる事でネット上の1つの文化みたいになってるんだよね。

 

・やる夫スレの魅力

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

これがまた面白い!小説とも、漫画とも、アニメやゲームともまた違う独自のコンテンツやと思う。
ネットに繋げる環境があるならば、見ないのは損と言うものや!!!

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

ちなみにこないだやってたアニメ「ゴブリンスレイヤー」の作者さんはここ出身らしいね。
ボクも最近まで知らんかったんだけど・・・。

www.goblinslayer.jpf:id:kefugahi:20190208213149p:plain

つまり、商業化コンテンツレベルの作者の卵も埋もれてる可能性もあるワケや!
実際、ヘタな漫画なんかよりよっぽどおもろいって作品がごまんとあると思うで。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

ジャンルも実に多彩だ!小説や漫画のようなストーリーもの。コメディギャグ
また実際の漫画やゲームなんかを原作にしたストーリーをAAで独自に再現したものなんかも人気がある。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

ぶっちゃけ、やる夫スレでまず先に読んで原作読んだら微妙だった・・・ってヤツもあった。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

勿論偉大な原作がまずありきやねんけど、表現方法として自由度が高い分だけ原作より面白いかも?と言う作品もある。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

パロディが非常に多彩やからな。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

また原作では大してキャラの立ってないヤツがAAには既に立っているキャラのおかげで魅力的な場合もある。


そして最大のジャンルと言って良いのが「学ぶ系」と呼ばれるジャンル。
これは主に様々な分野で初心者のやる夫が、主に解説役を務めるやらない夫と共に様々な分野の事を読者と一緒に学んでいこうと言うジャンル。
いわば入門書のような感じかな?

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

でも開いたそばから眠たくなるような入門書と違って、やる夫達が面白おかしく語ってくれるから頭に入って来るんだよね。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

また小説漫画他と最大の違いと言えるのが「読者」の可視化と言うか、目に見える読者の存在だと思う。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

ただ一方通行である他と違いリアルタイムに反響が書き込まれるのがやる夫スレって言うか掲示板の特徴やな。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

ニコニコ動画辺りのコメント機能だとか、バラエティー番組の「ガヤ」にも似ているかもしれない。
読者もまた作品の一部と言うか、実際に安価スレと呼ばれるタイプの作品群では読者参加が物語の進行を決める場合もある。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

まあワイはあんま安価系やる夫スレは好きくないから、詳しいとは言えんけどな。

 

・注意点

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

とまあ、良いトコばっかり語って来たのだけど当然ながら注意すべき事もある。
それは笑いの多くをパロディに頼っている文化であるという事。
ゆえに原作のキャラクターを知らない人にはピンと来づらいものがあるかもしれない。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

言うてもワイもほとんど知らんってトコからスタートしたからな。
こう言うキャラがおるんやね?って程度でも十分楽しめると思うぞ。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

また二次創作ゆえに、原作のイメージを大きくぶち壊している場合が多々あるという事。
むしろやる夫スレ界隈では原作通りのキャラクターである方が珍しい
そのギャップがまた笑えるポイントではあるとは思うんだけど・・・。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

当然そう言うのを嫌う人もおるやろう。そう言う方は閲覧の際注意して欲しい。

 

・波及効果

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

またやる夫スレの波及効果と言うものもあると思う。
早い話、原作に興味が出て来るのだ。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

さよなら絶望先生」で言うところのポロロッカ効果みたいなヤツやな。

dic.nicovideo.jpf:id:kefugahi:20190208213148p:plain

パチンコとかスロット。あとはスマホゲーム、あと実写映画だとか・・・
そっちから原作に興味を持ったって人もいると思う。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

ワイの場合最近までほとんどアニメとか観なかったんで、漫画発のキャラはともかくアニメの方は知らんヤツばっかやった。

 

それがやる夫スレを読む事で原作のアニメなどの方にも興味を持つようになった。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「ローゼンメイデン」「School Days」「魔法少女まどか☆マギカ」
・・・あたりはこの文化に触れてなかったら一生観てなかったかもしれんし、今そこそこアニメ観るようにもなってないかもだし。

 

自分の世界が広がる・・・かもしれません。

 

・スマホで読むやる夫スレ

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

やる夫スレは上記のように掲示板サイトで展開されるのが普通なのだが、それらをまとめた「まとめサイト」も主流やと思う。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

掲示板は時間経過でスレが落ちてしまったり、レスの量が膨大過ぎて全部読むのはとても時間が足りないからな。

 

ただし、スマホでやる夫スレのまとめサイトを読む場合は専用のアプリが必要だ。

一応ブラウザでそのまま見るのは可能だが、AAが崩れてとてもマトモに見れないと思う。
色々とあるみたいなんだけど、管理人が使ってるヤツを紹介しておく。

 

iOSデバイス向けApp Store

やる夫RSS+インデックス

やる夫RSS+インデックス

  • Tomohiro Itagaki
  • エンターテインメント
  • 無料

  Androidスマートフォン

やる夫RSS+インデックス v3

やる夫RSS+インデックス v3

 

 

・やる夫スレのキャラクター

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

さて後は具体的な作品の紹介とかすっか・・・と言うところなんだが、その前にやる夫スレを彩るキャラクターについて語るか。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

とは言え星の数ほどいるやる夫スレのキャラクターをとても全部紹介はしきれない。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

今回カテゴリーにやる夫スレとしたように、このネタ最初で最後にするつもりはないので、またおいおいとな・・・。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

今回は超メインとなる2人を紹介しよう。

 

やる夫

f:id:kefugahi:20190322211813j:plain

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

ほとんどのスレで主人公をつとめるやる夫やな。
どう見ても人外なのだが、基本的に人間と言う設定になってる作品が多い。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

性格はバカ、スケベ、お調子者、そしてルックス的には見た目通りのブサイクメタボ・・・って設定が多い。
加えてヒキこもりやニートみたいな設定がつく場合も多い。とにかく最初は何にも出来ないダメキャラ・・・が基本。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

それを主人公特権で人並外れた成長速度でグングン成長していくぞ。
加えてハーレムもの主人公も真っ青なほどに何故か女の子にもモテまくる場合も多い。
まったくうらやまけしからん!!!

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

他には「~だお」と言う語尾でしゃべる。あとテンパると本音と建前が逆になるって言うお約束の持ちネタがあるってくらいか・・・。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

あまりにも使い古されたキャラのため、最近はテンプレを外れた性格設定のやる夫も多くなって来たけどな。

 

やらない夫

f:id:kefugahi:20190322211815j:plain

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

やる夫の相方を務める場合が多い。ツッコミ役から解説役・・・。
そのキャラの性質上やる夫と見た目はそんな違わないのに、やる夫より社会的にハイスペックなキャラである場合が多いな。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

もともとやる夫の横顔として設定されたAAらしいね。あまりに似てないので独立したのが発祥なんだとか。
やる夫のメタボに対してボディビルダーばりのマッチョキャラである場合が多い。


性格はやる夫を諫める役どころからか常識人クールな事が多いかな。
やる夫と一緒になってはしゃぐ場合もあるけどね。あとたまに中二病キャラがついたりとか。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

やる夫に劣らずモテる場合も多いが、どっちかって言うと最初から固定の彼女がいる・・・ってのが多いかもな。
また逆にやる夫との対比で非モテ属性をあてがわれる場合もあるけどw。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

口癖は「~だろ。常識的に考えて」っての。常識的に考えてを略して「~だろjk」ってのもあるか。

やる夫を差し置いて主人公を務める作品も多数。管理人も好きなキャラの1人だ。

 

・やる夫スレの作品入門編

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

さてここからは具体的な作品の紹介に移る。
今回は第1回・・・入門編って超短編作品を5つ紹介させてもらう!!!

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

5つ全部読んでも30分かかるかかからんかくらいだろう。人にもよるかもだが。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

また当ブログは週刊少年ジャンプ推し系ブログであるので、ジャンプの関連キャラが出る場合紹介させていただく。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

作品のタイトルURLと、あと上記のやる夫RSSと言うアプリで検索する時、管理人が実際これでヒットした検索ワードも併記します。

アプリを開いたら右上に虫メガネのマークがあるのでそれで作品を検索できます。

f:id:kefugahi:20190410152042j:plain

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

ちなみに検索ワードについてですが検索の際はワードを厳密に書いてください。

googleなどの検索と違いやる夫「が」とやる夫「は」が違うだけでヒットしなかったりします。


「刺身の上にタンポポをのせる仕事の採用試験に受かったお!!!!!」

http://applepolishing.blog.fc2.com/blog-entry-377.html

RSS用検索ワード:   刺身の上

f:id:kefugahi:20190322211818j:plain

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

超初期のやる夫スレの名作やね。
やる夫が工場に就職した先でのお話。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

改めて今読んだら思ったより面白くないかもな・・・って気はするんやが・・・やる夫スレの基本的なノリがつかめると思います。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

登場するジャンプキャラはドラゴンボールのベジータ

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

まあ超短い出番やけどな。

 

「やる夫で学ぶ無農薬野菜の危険性」

http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-685.html
RSS用検索ワード:   無農薬野菜

f:id:kefugahi:20190322211332j:plain

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

学ぶ系スレの中でもタイトル通りの強いインパクトのある作品。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

まあネット上のソースなんてあまり過信するべきものではないが、話のネタにもおススメ。
ちなみに何故かPCブラウザで見たら何かAAが崩れてうまく見れなかった。
スマホで見た方がうまく読めるかもしれん。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

ジャンプキャラの登場はなし。

 

「やる夫で学ぶトイレの歴史」

http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-category-120.html
RSS用検索ワード:   トイレの歴史

f:id:kefugahi:20190322211328j:plain

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

これも学ぶ系やねんけどとても笑える作品やね。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

笑えてしかも興味深い!

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

謎の力で何故かタイムスリップするってのは割と定番やな。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

ジャンプキャラの登場はなし。

 

「やる夫が地球になるようです」

http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-3743.html
RSS用検索ワード:   地球になる

f:id:kefugahi:20190322211339j:plain

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

これも学ぶ系のやる夫スレ。
やる夫自身が地球になってしまう壮大な物語でもある。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

専門的な用語もいくつか出て来るが飽きさせない作りやぞ!

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

登場するジャンプキャラはDEATH NOTEの夜神月
このキャラは学ぶ系の出番は多いな。

 

やる夫と学ぶ「G」
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-2702.html
RSS用検索ワード:   「G」

f:id:kefugahi:20190322211335j:plain

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

検索ワードについて注意点ですが「」(かぎかっこ)が必要です。

それと全角英数字のGです半角英数字のGだとヒットしません。

じー」と日本語で書いて全角のGを探して変換すると良いと思います。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

これも学ぶ系なんだがあの恐怖の虫がテーマ!

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

キミ虫嫌いやなかったんかいな・・・。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

まあそうやけど怖いもん見たさと言うか。
それに彼を知り己を知れば百戦殆うからずと言うやろ。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

あ、ちなみに「ヤツの画像」も出て来るのでニガテな人は注意です。
管理人のように画面を見てキャー!と悲鳴を上げないよう。

 

登場するジャンプキャラはやはりDEATH NOTEの夜神月
インテリキャラだからか学ぶ系での使い勝手の良いキャラのようです。

f:id:kefugahi:20190208213149p:plain

・・・なんか学ぶ系ばっかになってしまったな。

どうしてもコンパクトな作品は学ぶ系が多いんよね。

f:id:kefugahi:20190208213148p:plain

そのうちストーリー系のおススメとかも紹介していきたい。

 

・・・今回はここら辺で。

お読みいただきありがとうございました。

※第二回はこちら!

tudumiyasiki.hatenablog.com※一つ前の記事

tudumiyasiki.hatenablog.com